車検切れの車は廃車処分する前に車買取り査定へ! TOP > 車検の残り期間と車買取額について

車検の残り期間と車買取額の関係について

車検の残り期間が長いと車の買取額は高くて、車検の残りが少ないと安いの?

車検切れ 車買取

3つの『本当のこと!』

車検の残りの長短は思ったほど車の買取額に大きな影響はない
少しでも高く車を売るのなら車検は1年以上残しておきたい
車検が近いと足元を見られて買い叩かれる可能性が高くなる

 

車検の残り期間の長短は買取額にあまり影響はない?

車検を通してから車を売っても車検費用ほど高くならない
ということはよく言われています。

車買取業者には自社または提携する自動車整備工場があるので、
一般の人たちよりもかなり安く車検に通せます。

ということは、
車検の残り期間の長短は買取り価格にあまり影響しないということになります。

 

車検が1年以上残っていると査定はプラスになる?

しかし、上記と少し矛盾することですが、
少しでも高く車を売りたいのなら車検は1年以上残しておきたいということも言えます。

これは、車買取業者がいくら車検を安く通せるとしても、
車検費用をかけないでそのまま車を売ることが出来ればそれが一番得な訳です。

買取った車がすぐに売れる条件として車検が1年以上残っているということが必須なのです。

 

車検が迫っていると足元を見られる?

車検が近いと「すぐに車を売りたいはずだ」と、
車買取店に足元を見られて買い叩かれる可能性が高くなるということもよく耳にします。

これは確かに言えることですので、
車を売りたいと思ったら車検切れ2、3ヶ月前くらいまでには売っておきたいところです。

ただし、これにはちょっとした対応策があります。

それは、買取店の買取査定額が提示されたら
「この程度の買取額だったら、もう一度車検を通して乗る方がいいなぁ」と言ってみましょう。
さらにビシッと「○○万円なら売ってもいいよ」と追い討ちをかけてみるのもいいでしょう。

また、車が思うように売れなくて車検が切れてしまっても、
車買取店は車検切れで動かせない車は出張査定して買取りをしてくれるので何の問題もありません。


あなたの車の車検の残りは?買取額はいくら? 車検の残りが少しでも大丈夫!

車検の残り期間と車買取額の関係について

車の買い替え時はいつがいいのか本当に悩みますね。
その時には必ず車検の残り期間が頭を横切ります。
車の買い替え時と車検期間には切っても切れない繋がりがあります。

車を売るとしても、車検を受けて乗り続けるとしても損のないようにしたいものです。

 

車検にはバカにならない大きな費用がかかりますから、ついつい現在の車の価値と比べてみたくなります。

しかし、車の価値は年数が経てばどんどん下がっていき、走行距離が伸びればさらに車の価値は落ちてしまいます。

車の金額的な価値と車によって生み出される付加価値の評価は車のオーナーによって変わってきますから、
判断を間違えないようにしたいものです。

 

車検費用の内訳としては、点検整備料金(自動車整備工場に支払うもの)と、
法定費用(自賠責保険料・重量税・印紙代など)となっています。

車検費用が高い安いとよく話題になりますが、その差が出るところは点検整備料金しかない訳です。

 

車のディーラーで車検を受けるとメチャメチャ高いとよく耳にしますが、
確かに街には車検専門チェーン店などが非常に安い車検を行っていますので、
その差額は非常に大きな額になっています。

ただし、安い費用で車検の点検整備をするからいい加減なことをしているという訳ではありません。

 

現在は車検の指定工場にしても認定工場にしても厳しい審査がありますから、
いい加減な車検の点検整備をしているところはほとんどないと思います。

ディーラーにはディーラーのやり方があるので納得したところで車検を受けるのがベストです。


Copyright © 車検切れの車は廃車処分する前に車買取り査定へ! All rights reserved